スタンド直しなくなる要因

男性は性的外敵を受ける事で、脳が熱情を覚えます。脳が熱情を強く考えると自然と下半身へと血行が送り込まれ、いわゆる勃起の体調へと至ります。この進行は文字通り一瞬ですむ結果、勃起を意識的にコントロールすることは困難です。別にういういしい男性は性的なものに興奮し易く、Hな画像や成人マンガを見るだけでオチンチンが自然と硬くなります。

一方で30歳を過ぎた男性は精神的に成熟して来るため、些細な外敵ではオチンチンがレスポンスし辛くなります。ありていに言えば、Hな画像や成人マンガに慣れてしまうと、脳が多少の写生では熱情を憶えなくなります。また老化の衝撃による旦那ホルモンの分泌容量ダウンも影響します。どんどん30代以降の男性は世間や家庭の中で、責任ある名前になっていることが数多く、負荷フルな日々を過ごしていらっしゃる。

肉体そのものの階層やスタミナが若くても、力強い負荷環境に置かれ続けると、男性はED不調を発症します。稼業や趣味の実践はバリバリ進められるのに、なぜか性生活の方になると、機嫌や体躯が億劫になってしまい、若々しい内のように自然体でセックスが出来なくなるケースが多々あります。

また老化の影響で精子の収穫が低下してあり、一週に初めてセックスやマスターベーションをすれば、それだけで満足してしまい、いわゆる新婚時代のように毎晩女子と愛し合う事が出来なくなる、という形もあります。精子の収穫がロスすると勃起能力も比例して低下しますので、要注意です。こちら